男の人

ISO27001が個人情報を徹底的にキープ

仕事におけるセキュリティ

オフィス

オフィスセキュリティを行っている企業は沢山ありますが、メリットの1つに重要書類を守る事が上げられます。また、セキュリティを強化するのであれば、複数のセキュリティを導入して、破られないようにしていく事が大事になってきます。

この記事を読む

文書管理の必要性

システム

会社においては毎日文書が作成され、増えていくばかりです。きちんとした文書管理についてのルールがないと文書が見つからず、業務の効率化が実現できません。この文書管理規程を作った上で、文書管理ソフトを導入することで、効率的な文書管理を行うことができます。

この記事を読む

情報セキュリティの国際化

男性女性

情報セキュリティのISO

ISOとは、国際標準化機構の略称で、国際間の取引をスムーズにするために共通の基準を定めることを目的としています。このうち、情報セキュリティに関する国際規格を定めたものが、ISO27001です。ISO27001の目的は、情報セキュリティレベルの継続的向上、顧客情報、技術情報、知的所有権、企業ノウハウ等の重要情報の保護、ソフトウェア、ハードウェアの保護等にあります。ISO27001の認証を受けるためには、まずセキュリティの対象となる情報資産を洗い出し、紛失や破損、盗難などの発生しうるリスクの抽出が必要です。それらのリスクへの対応策として、情報資産の取り扱いや管理上のルールを、ISO27001の要求事項に則った形で定めることになります。

認証を受けたことの効果

ISO27001の取得に当たっては、情報セキュリティに関して全社的な見直しが必要となります。このため、社内の情報の流れが明確になり、無駄な業務の発見にもつながりますので、情報の保護だけでなく、業務の改善にもつながります。ISO27001を取得した後は、情報セキュリティマネジメントシステムを運用し、PDCAサイクルを回すことで、情報セキュリティレベルの改善を継続的に行っていくことになります。社員の情報セキュリティに対する意識も向上しますし、何よりもISO27001という国際規格の認証を受けているという信頼感を外部に対してアピールすることができます。これにより、新たな受注先の開拓につなげるなど、ビジネスの拡大にもつながります。

重要文書の処理問題

PC

企業や組織がその活動を行う中で、たくさんの文書が作成されます。電子データが普及している中でも、紙媒体の書類も依然として必要とされています。紙媒体の機密書類が流出すると企業にとっては大変な痛手ですので、破砕や溶解などで適切に処分する必要があります。

この記事を読む